イギリスの成功事例に学ぶ 減塩や食品ロス削減

下記のボタンをクリックすると記事が音声で再生されます。

イギリスに、独立した第三者機関が食品に塩を使いすぎないよう業界に働きかけ、減塩に成功。


イギリスでは、2000年、政府機関の財政支援で設立したラップという団体があります。食品廃棄に関する調査を実施し、データに基づき、消費者への啓発活動や、事業者への提言などを行っています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/


ヒマラヤの氷河消失が倍の速度に

下記のボタンをクリックすると記事が音声で再生されます・

世界最高峰のエベレストをはじめ、7000メートル以上の山々がつらなるヒマラヤ山脈。その雪と氷の量は、南極と北極に次いで世界3位です。

ヒマラヤから、大量の氷河が消えたことが判明しました。2000年から2016年にかけて毎年、量にして75億トン、厚さにして43センチもの氷が解け続けたという研究結果が、2019年6月19日付けの学術誌に発表されました。1975年から2000年までの2倍のペースであり、氷の消失が気温の上昇とともに加速していることが浮き彫りになりました。

たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/ 

最も長生きした将軍。徳川慶喜は豚肉好き

下記のボタンをクリックすると記事が音声で再生されます

徳川慶喜は1837年生まれ1913年逝去の享年76歳でした。当時としては、長生きされた人物でした。

「豚一殿」というあだ名で呼ばれた人物で、 豚というのは豚肉を食べることから、一は養子に入った一橋家に由来しています。もちろん、いいあだ名ではありません。当時、日本人は公にはけものにくを食べませんでした。堂々と食べる慶喜を見て、世間の人は驚き、こんな風にささやいたのでした。

関連動画:https://youtu.be/RNzOe0wSHC4
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/ 

第2次大戦の連合国空爆、衝撃波が電離層まで到達

下記のボタンをクリックすると記事が音声で再生されます。

2018年10月大規模な空爆は地上だけでなく上空にも影響を与えていたと
イギリスの研究所が発表しました。

第2次世界大戦中に連合国によって行われたドイツへの空爆で、
爆撃による衝撃波が電離層にまで到達していたことがわかりました。
地球物理学の専門誌にこのほど、調査結果が発表されました。

たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/ 

ケニアで進む地熱開発

下記のボタンをクリックすると記事の音声が再生されます・

電力不足に悩むアフリカ諸国が依然多い中、火山国ケニアでは国土の特徴を利用した地熱発電の開発が加速しています

2022年までの「電力アクセス人口100%」達成を目標に掲げ、将来的には電力輸出の可能性も模索します。
貧困削減のカギとなる電力問題解決に向けた「アフリカの地熱大国」ケニアの試みをご紹介します。

関連動画:https://youtu.be/vuNZ2K28xy0
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/ 

海水淡水化は海洋生物や食物連鎖に影響する脅威を秘めている

中東やアフリカなど、常に水不足に苦しんでいる地域があります。生活に必要な水をどこから得るか、どこまでも広がる海。世界177国に設置された海水淡水化プラントが、海水を生活用水に変える手助けをしています。海水淡水化プラントが、吐き出す濃度の濃い塩水の量は、世界中にある1万5906台のプラントが1日に吐き出す塩水は1420億リットル。塩水は水中の酸素を枯渇させます。高塩度、低酸素レベルは底生生物に深く作用し、結果、食物連鎖に影響がでることになるのです。技術コストが下がれば下がるほど、水不足に悩む多くの国が使用する可能性があるわけで。そうなる前に、吐き出される塩水の対応策を考えなければならないのです。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

清水寺が岐阜に

通称「高澤観音」で親しまれており、鎌倉時代の尼将軍・北条政子が建立したという多宝塔は建久5年の建造で岐阜県下最古です。本堂の前方は舞台造りで、京都の清水寺によく似ていることから「美濃清水」としても知られています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp

歴史の町伏見どこか懐かしい城下町の面影が残っている町

伏見は酒の町。幕末の志士達活躍の地でもあります。今もこの町のあちこちに秘められた歴史が眠っています。大倉記念館はいにしえの酒造りの息吹きを伝える資料館です。濠川沿いの道は柳並木が続き川の向こうに酒蔵が立ち並ぶ、あたかも絵はがきのような風景がひろがっています。ほどなくして寺田屋に至ります。幕末の志士、坂本龍馬ゆかりの旅籠です。歴史の町、伏見にはどこか懐かしい城下町の面影が残っています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

ここは富良野?美瑛の丘? いいえ、常春の南知多

広くなだらかな丘が幾重にも続き、富良野・美瑛のような広大な景観を楽しめます。1年を通して、様々な花を見る事ができます。年間を通して様々な花が楽しめることから、南知多の観光のキースポットとなっています。丘全体が花の色に染まる様子は感動もの!
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

ブルーインパルスが飛んだ。小牧基地オープンベース2019

「小牧基地オープンベース 2019」は2019年3月2日(土)、愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地で開催されました。基地開放は8時15分から15時。航空自衛隊のアクロバット飛行部隊、ブルーインパルスが参加、展示飛行しました。小牧基地には、第1輸送航空隊の第401飛行隊C-130H、第404飛行隊KC-767J、救難教育隊のU-125A、UH-60Jが配備されており、これらの機体の参加が恒例となっています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/