歴史の町伏見どこか懐かしい城下町の面影が残っている町

伏見は酒の町。幕末の志士達活躍の地でもあります。今もこの町のあちこちに秘められた歴史が眠っています。大倉記念館はいにしえの酒造りの息吹きを伝える資料館です。濠川沿いの道は柳並木が続き川の向こうに酒蔵が立ち並ぶ、あたかも絵はがきのような風景がひろがっています。ほどなくして寺田屋に至ります。幕末の志士、坂本龍馬ゆかりの旅籠です。歴史の町、伏見にはどこか懐かしい城下町の面影が残っています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

ここは富良野?美瑛の丘? いいえ、常春の南知多

広くなだらかな丘が幾重にも続き、富良野・美瑛のような広大な景観を楽しめます。1年を通して、様々な花を見る事ができます。年間を通して様々な花が楽しめることから、南知多の観光のキースポットとなっています。丘全体が花の色に染まる様子は感動もの!
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

ブルーインパルスが飛んだ。小牧基地オープンベース2019

「小牧基地オープンベース 2019」は2019年3月2日(土)、愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地で開催されました。基地開放は8時15分から15時。航空自衛隊のアクロバット飛行部隊、ブルーインパルスが参加、展示飛行しました。小牧基地には、第1輸送航空隊の第401飛行隊C-130H、第404飛行隊KC-767J、救難教育隊のU-125A、UH-60Jが配備されており、これらの機体の参加が恒例となっています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

NASAが1970年代に描いた巨大スペースコロニー

1958年にNASAが設立されてから約20年後、宇宙における「ポスト地球」コミュニティーの姿をすでに描 いていました。1970年代、プリンストン大学、NASAエイムズ研究センター、スタンフォード大学の物理学者たちは、地球を離れた人類のための巨大なスペースコロニーの予想図をえがきました。彼らは、地球が破壊され、人類が宇宙に移住するという最悪のシナリオを想定しました。学者たちは人類は2060年までに最初のスペースコロニーに移住することができると考えました。彼らは太陽の周りをまわる3つのスペースコロニーをデザインしました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

偉人達の年収と清水寺周辺ぐるり

誰もが名前を知っている歴史上の偉人たち。でも、彼らの懐事情となると知っている人はそう多くはありません。大名の場合、総石高の半分を農民に、残り半分を領主が受け取っていたとする(五公五民)。そのうえでさらに臣下の取り分を3分の2と仮定したため、大名の取り分は総石高の6分の1としました。米1石=1000合=150キログラムとし、当時の米の価値から15万円としました。1両は江戸時代後期の偉人であることから1万円としました。京都屈指の観光スポットといえば清水寺。清水寺観光が終わった後でもまだ時間があるし、清水寺の次に訪れたい、周辺観光スポットをご紹介。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

再生可能エネルギーだけでコスタリカ300日記録/出世開運 の地岡崎と家康

中米のコスタリカは,国内で使用する電力を300日間、再生エネルギーのみで賄ました。ただし、電力に限ったもので、自動車や家庭用の化石燃料は調査に入っていません。コスタリカで消費するエネルギーの70%近くが石油だという現実があります。岡崎市は、愛知県の旧三河のくにのほぼ中央に位置します。
江戸時代には、徳川家康ゆかりの土地との事もあり、歴代の藩主の出世開運の地としても別格の土地でした。随念寺は1562年に家康が創建したたいへん美しいお寺です。随念寺には松平清康と久子の墓があります。久子は、家康の第二の母というべき存在で、家康が生母 於大と生き別れをして以来、家康を養育しました。大樹寺は、松平家・徳川将軍家の菩提寺で松平8代の墓、歴代将軍の位牌などが祀られています。岡崎城と大樹寺を結ぶ約3キロの直線は「ビスタライン」と呼ばれ歴史的眺望として約370年間守られてきました。天文11年1542年12月26日徳川家康は、岡崎城内で誕生しました。岡崎城には、家康が誕生したとき、産湯に使ったという「東照公産湯の井戸」や、家康のえな(へそのお・胎盤)を埋めたとされる「東照公えな塚」、平和を願う徳川家康の遺言碑もあります。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

歴史の小路見て感動触れて感動旧中山道御嶽宿

御嶽宿は中山道49番目の宿場。美濃国可児郡御嵩村(現・岐阜県可児郡御嵩町)に存在しました。「中山道御嶽宿商家竹屋」は、江戸時代の主要街道「中山道」の宿場町、「御嶽宿」のなかに位置しています。御嵩の地に生きた先人の息吹、足跡をしるす文化財や資料の収集・保管・調査研究をするとともに、広く一般に公開し、さらに郷土の歴史に関する学習 “歴史の小路見て感動触れて感動旧中山道御嶽宿” の続きを読む

歴史の小路旧中山道太田宿と食の世界遺産。

太田宿は尾張藩太田代官所や川並番所が設置された宿場で、太田代官所は木曽川筋の軍事・政治経済の中枢として、落合宿から鵜沼宿まで統括していました。 今に残る太田宿は、昔の姿のままに街道を保ち、そこに住む庶民の生活も古風な街並みの中に調和するように、静かにたたずんでいます。宿内には「旧本陣(今は全容を見ることはできませんが、街 “歴史の小路旧中山道太田宿と食の世界遺産。” の続きを読む

歴史の小路出世パワースポット松平郷

松平郷は徳川家のルーツといわれている松平氏の発祥の地。ここには松平東照宮をはじめ、初代親氏をまつる高月院、松平城址など松平氏ゆかりの史跡が多く残っています。  高月院は、はじめは「寂静寺」と呼ばれ、1367年足助次郎重宗の子重政が在原信重の援護を受けて建立したと言われています。
“歴史の小路出世パワースポット松平郷” の続きを読む

歴史の小路京都東山の散歩道ねねの道

ねねの道は高台寺の西側、東山の円山公園から清水寺方面へと抜ける全長約250メートルの美しい石畳の道です。豊臣秀吉の正室ねね(北政所)がこの地で余生を送っていたことから「ねねの道」と名付けられました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/