江戸のエコロジー①リサイクル業者

現在の東京は、徳川家康が江戸に幕府を開いた歴史的な要因のおかげといっても過言ではないでしょう。

1590年。初めて家康が江戸に入ったとき、当時の江戸は不毛の湿地帯に過ぎず、

海流が入り込んで地盤が弱く、とても人が住めるような場所ではなかったといいます。

1603年。徳川家康が征夷大将軍になり、江戸に幕府を開きました。

1867年。徳川慶喜により、大政奉還が行われました。この265年間を江戸時代といいます。 “江戸のエコロジー①リサイクル業者” の続きを読む

小さな旅①馬籠宿

馬籠宿(まごめじゅく)は、中山道43番目の宿場(中山道六十九次)で、木曽11宿の一番南の宿場町です。かつては長野県木曽郡山口村に属していましたが、2005年(平成17年)2月の山口村の越県合併により岐阜県中津川市に編入されました。1895年(明治28年)と “小さな旅①馬籠宿” の続きを読む

みよし協働農園の会

緑の豊かな地、愛知県みよし市 遊休地・耕作放棄地がいっぱいです。また、食糧自給率は13%と全国平均39%を大きく下回っています。 みよし協働農園の会は、理事長の加藤 憲さんを中心に農業者と農業に関心のある市民が協力し合い耕作放棄地・遊休農地の有 “みよし協働農園の会” の続きを読む

「車いすの天才科学者」ホーキング博士が生前人類に警鐘を鳴らす

「車いすの天才科学者」として知られる宇宙物理学者スティーヴンホーキング博士が亡くなったことが2018年3月14日に明らかになりました。

ホーキング博士の死去を受け、2017年6月に「人類の未来」に関しての発言した内容をご紹介します。 “「車いすの天才科学者」ホーキング博士が生前人類に警鐘を鳴らす” の続きを読む

15000名以上の科学者が地球の未来に警鐘を鳴らす

1万5000名以上の科学者が地球の未来に警鐘を鳴らしました。 気候変動、森林伐採、真水の減少、動植物の絶滅、人口増加によって、現在および未来における人類の健康と福祉は、重大な危機に直面しているといいます。

たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

黄金時代の入口が見えた再生可能エネルギー 「資源小国」から「地熱大国」へ変貌したアイスランド

世界最北の島国アイスランドは、地熱発電所の積極的な開発を続け、エネルギーを化石燃料の輸入に頼る「資源小国」からの脱却を果たしました。いまや自国の電力需要は地熱などの再生可能エネルギーだけで賄うことができ、近年は電力の輸出にも関心を寄せています。
“黄金時代の入口が見えた再生可能エネルギー 「資源小国」から「地熱大国」へ変貌したアイスランド” の続きを読む

まるで本物のビーフ!? 完全植物性の人工肉!!ビヨンドミート。

アメリカはたべものの嗜好が多種多様で、動物の肉を食べない人がかなりの数存在します。いわゆるベジタリアンやヴィーガンという嗜好の人たちです。なかには体質の問題などではなく環境のために肉を食べない主義の人も多いようです。又、食用の牛、豚、鶏の飼育が地 “まるで本物のビーフ!? 完全植物性の人工肉!!ビヨンドミート。” の続きを読む

たおやか瓦版世界的調査で人類が異性人の存在を約半数が信じている

世界24カ国で2万6000人超を対象に実施された調査で、人類の約半分が地球外生命体の存在を信じており、接触したいと考えていることが分かりました。

たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/