真珠湾攻撃のミッション不徹底の誤算

第2次世界大戦の終結から74年。日本の開戦から敗北に至るまでの研究は、さまざまな視点から現在も続いており、現代企業が組織マネジメントを見直す上で参考になるケースも少なくない。そのひとつが連合艦隊を率いた山本五十六・海軍元帥への再評価だ。1941年12月に対米開戦と同時にハワイ・真珠湾攻撃を遂行した立役者だが、希代の名将も作戦のミッションを部下に徹底させられなかったという。真珠湾攻撃の成果と誤算を追った。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

「アマゾンは地球の酸素の20%を生産」は誤り

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

「アマゾンは地球の酸素の20%を生産」は誤り

アマゾンで猛威を振るう森林火災のニュース.地球の酸素の20%をアマゾンが生み出している.アマゾンの火災によって世界の酸素供給が危機にさらされるとまで考える人もいた。しかし、人間が呼吸する酸素に対するアマゾンの純貢献量は、ほぼゼロと考えられる。

木が光合成により地球の酸素の5分の1を生成するには、大気中の二酸化炭素の量が足りないからだ。大気中に含まれる二酸化炭素は0.5%未満なのに対し、酸素は21%だ。たとえ吸収した二酸化炭素分子と同じ数の酸素分子を木が排出するとしても、大気中の酸素の5分の1もの量をアマゾンが作り出すことは不可能だ。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

水産―福祉―畜産が連携

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

水産―福祉―畜産が連携

海岸に漂着する海藻を飼料にして新たなブランド豚肉を作る取り組みが、神奈川県鎌倉市で始まった。

海藻の回収や飼料に配合しやすいように粉砕する作業は知的障害者が担う。海藻粉末を給与して育てた豚肉は脂の質が改善され、味に深みが出るという。関係者は「年末までには商品化したい」と、新しい特産開発を目指している。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

末期がんになって気づいたことがある 

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

末期がんになって気づいたことがある 

「余命1カ月」。今夏、そう医師から宣告を受けた千葉県船橋市の男性がいる。「残された日々とどう向きあえばいいのか知りたい」。しかし、がんを克服した人の話は多々あれど、死を覚悟した人が必要とする情報がほとんどない。

「治らないがんもあるのに」。やせ細った体から言葉を絞り出して話す男性が、自身の命をかけて取材に応じ、死と向きあう心のうちを明かした。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

爆竹で顎を吹き飛ばされた犬「こんなに辛い経験をしても人間を信頼しようと」

下記の表題をクリックしますと記事が常時されます

爆竹で顎を吹き飛ばされた犬「こんなに辛い経験をしても人間を信頼しようと」

米・南カリフォルニアの動物愛護施設&サンクチュアリー「Saving Huey Foundation」の創設者トレイシー・リストラさん(Tracy Lystra)は今年4月、メキシコ・ソノラ州にある動物保護団体から1本の電話を受けた。爆竹らしきものを顎に巻かれ、鼻や顎半分が粉々に吹き飛んでしまったオスの子犬を助けて欲しいというものだった。



子犬は?ブレイブハート(Brave Heart)”と名付けられ、火傷で壊死した組織を取り除き、4回の手術で顔が再建された。吹き飛んでしまった部分には義顎が用いられ、ブレイブハートは新しい顔を手に入れた。病院での回復には2か月を要したが、持ち前の人懐っこい性格も表に出すようになり少しずつ元気を取り戻していった。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

食事はフライドポテトやパンばかり、極端な偏食の10代少年が失明 

下記の再生ボタンをクリックしますと記事が音声で再生されます

小学生の頃からフライドポテトや白パンばかり食べ続けてきた10代の少年が失明したという症例を、

イギリスブリストル大学の研究チームが発表したことをおおくりします。極端な偏食が失明につながったとみて、偏った食生活に警鐘を鳴らしています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/


<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www18.a8.net/0.gif?a8mat=2TXLEF+G4HNLE+1XGK+6S6AM9″ alt=””

特別養子縁組ではなく、里親を選んだ女性

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

特別養子縁組ではなく、里親を選んだ女性

特別養子縁組では、比較的スムーズに子どもが紹介されるご夫婦がいる一方、実質的な年齢制限などの様々な事情から、いくら待っても子どもが紹介されないケースもあるのが実情です。

そんなときに考えたいのが、「里親」です。子どもを自分たちの戸籍に入れるわけではありませんが、50~60代からでも始めることができ、子育てのやりがいを感じることができます。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

ミツバチがいなくなると世界はこうなる

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

ミツバチがいなくなると世界はこうなる

2018年、アメリカにおけるミツバチのコロニーの40%が死滅あるいは消滅しました。冬期のハチの減少では、史上最も深刻な状況です。世界中のハチの数は、何年も前から減り続けています。地球上のすべての昆虫は、100年以内に絶滅する危機に瀕しています。

ハチがいなければ、世界中の農業は苦境に陥るでしょう。ナッツ、果物、野菜の生産が困難になり、より高価になります。世界中のハチの数が減り、貴重な存在になっています。カリフォルニアのアーモンド農場からハチの巣箱を盗み、法外な値段で販売する輩がいるほどです。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

玄関開けたら馬がいた!

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

玄関開けたら馬がいた!

はーい、どなたでしょうか~?と玄関を開けたらそこに馬がいた……。

そんな体験、皆さんはありますでしょうか?ほぼないですよね~。

大阪にある神社の御神馬さんが、そんなユニークな一面を見せており、見た人が様々な反応を寄せています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

議会審議中に議長が赤ちゃんを抱っこ

下記の表題をクリックすると記事が表示されます

議会審議中に議長が赤ちゃんを抱っこ

ニュージーランド議会で2019年8月21日、与党議員が赤ちゃん誕生後に赤ちゃんを連れて初めて登院したところ

審議中に議長が議長席で代わりに赤ちゃんを抱き、哺乳瓶でミルクを与えながら議事を進める一幕がありました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/