信長の経済力は三つのキーワード 前編

織田信長は戦国時代相当の経済力を持っていたようです。信長はどうやってこの経済力を持つことができたのでしょうか?時は戦国時代。他の武将と同じことをやっていれば、同じ程度の経済力しか持ち得なかったはず。他の武将と信長では何が違っていたのでしょうか?
“信長の経済力は三つのキーワード 前編” の続きを読む

世界を救った男ウィンストン・チャーチルの実像

チャーチルは卓越した指導力で国を率いイギリスを勝利に導き、結果的に世界をドイツの軍事侵略から守った英雄となりましたが、実のところお世辞にも人間的に優れた人物とは言い難く、平時に国のトップに立たせておくのは危険すぎる男でした。
“世界を救った男ウィンストン・チャーチルの実像” の続きを読む

外国人から見た江戸時代に学ぶエコライフ

1600年から1850ねん頃までの日本の江戸時代について、勉強した外国人が次のような、見解をだしています。東京の面積のおよそ8割が木陰に覆われて、住人は川や海辺で自由に魚や貝や海草を取って食べる?突拍子もない夢物語にしか聞こえないかもしれません。
“外国人から見た江戸時代に学ぶエコライフ” の続きを読む

歴史から学ぶ③徳川家康の敗北の悔しさを忘れない

天下分け目の関ヶ原を制し、混とんとした戦国時代の幕引きをした徳川家康。以降200年以上にわたる天下泰平の世を作ったとして評価される人物です。戦国の覇者、織田信長や豊臣秀吉ともよく比較されており、現代に伝わる家康像は血気盛んな戦上手というものよりも、じっと機が熟すのを待つ辛抱強さを持った老練な武将、といったイメージが持たれているようです。織田信長と同盟を組んでいた徳川家康は、甲斐の武田軍との戦いに明け暮れる中、遠江国の三方ヶ原付近で武田軍と激突、大敗を喫します。
“歴史から学ぶ③徳川家康の敗北の悔しさを忘れない” の続きを読む

歴史から学ぶ②豊臣秀吉の秀次切腹事件と組織運営

豊臣秀吉の晩年の愚行として知られている、朝鮮出兵と秀次切腹事件。織田信長に仕え、足軽から天下統一を成し遂げた秀吉ですが、その晩年は耄碌して自らの愚行によって豊臣政権を滅亡へと追いやったと一般的に思われています。その愚行の一つとされている、秀次切腹事件を紹介します。
“歴史から学ぶ②豊臣秀吉の秀次切腹事件と組織運営” の続きを読む

歴史から学ぶ①織田信長の失敗に学ぶ教訓

歴史上、敗者が最も似合わない敗者こそ、織田信長ではないでしょうか。
人生においてチャンスは何度もめぐってきません。チャンスだと思った時、
それを引き寄せられるかどうかが、その人の生涯を決定します。
たいていの人は言い訳を考えて自分を納得させ、リスクのある道に踏み出せません。
しかし信長は、勝負どころと見極めれば、ためらわず踏み出しました
本能寺の変にも通じることですが、猜疑心が強い割には、根回しを行わず、慎重さに
欠けるのも信長の欠点と思われます。
“歴史から学ぶ①織田信長の失敗に学ぶ教訓” の続きを読む

小さな旅③城下町風情広がる三河の小京都

西尾市は、愛知県中央部を北から南へ流れる矢作川流域の南端にあります。抹茶の産地(西尾茶)として、また「三河の小京都」として知られています。西尾市は戦国時代以降に城下町として栄えた西三河南部の中心的な市であり、明和元年(1764年)に大給松平氏が入 “小さな旅③城下町風情広がる三河の小京都” の続きを読む

江戸時代の虐待…せっかん死の親は打ち首

江戸時代には子供を虐待により、

せっかん死させた親にはうち首の事例があります。

児童虐待はいつの世にもあったのです。

「かつては乳幼児死亡率も高く、『7歳までは神のうち』

といわれて子供の死にあきらめの感情を持っていました。さらに、経済的な事情から堕胎したり、産んでも間引きをしなければならない状況もありました」、

“江戸時代の虐待…せっかん死の親は打ち首” の続きを読む

岐阜城と人気スポット川原町

岐阜城は、岐阜県岐阜市金華山にあった日本の城織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城である。城跡は岐阜城跡(ぎふじょうあと)として金華山と、その山塊の2,091,602.74平方メートルが史跡に指定されています。

“岐阜城と人気スポット川原町” の続きを読む

江戸のエコロジー①リサイクル業者

現在の東京は、徳川家康が江戸に幕府を開いた歴史的な要因のおかげといっても過言ではないでしょう。

1590年。初めて家康が江戸に入ったとき、当時の江戸は不毛の湿地帯に過ぎず、

海流が入り込んで地盤が弱く、とても人が住めるような場所ではなかったといいます。

1603年。徳川家康が征夷大将軍になり、江戸に幕府を開きました。

1867年。徳川慶喜により、大政奉還が行われました。この265年間を江戸時代といいます。 “江戸のエコロジー①リサイクル業者” の続きを読む