エイリアンはもう地球に来ているかもしれない

エイリアンはもう地球に来ているが、予想もしない外見であるために発見されずにいるだけかもしれない。米航空宇宙局(NASA)の科学者がそう発表しました。カリフォルニア州にあるNASAエイムズ研究センターの研究者シルバノ・コロンバーノは、12月3日に発表した研究論文のなかで、生物はすべて炭素をベースにしている、などの固定観念を捨てて、もっと広く地球外生命体を探索すべきだと提案しました。
関連動画https://youtu.be/eZ8oM87TL_k
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.a
t-ninja.jp/

歴史交流会メンバー募集

名古屋市在住又は、近郊にお住まいの方

歴史好きの方を募集します。

月に1回史跡巡り意見交換会を行います

入会年会費は無料です。参加費は実費です

ジャンルは、戦国から明治時代迄に興味の

ある方の参加をお待ちしています。

問合せ参加希望の方は下記迄ご連絡下さい

mail:mssnagoya@yahoo.co.jp

                            森下

NASAのアルテミス計画人類を再び月面に送る

アメリカ航空宇宙局(NASA)は2024年までに再び月面に人類を送る「アルテミス計画」を構想しています。このアルテミス計画ではいかにして月面を目指すのかについて
解説します。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

NASAが1970年代に描いた巨大スペースコロニー

1958年にNASAが設立されてから約20年後、宇宙における「ポスト地球」コミュニティーの姿をすでに描 いていました。1970年代、プリンストン大学、NASAエイムズ研究センター、スタンフォード大学の物理学者たちは、地球を離れた人類のための巨大なスペースコロニーの予想図をえがきました。彼らは、地球が破壊され、人類が宇宙に移住するという最悪のシナリオを想定しました。学者たちは人類は2060年までに最初のスペースコロニーに移住することができると考えました。彼らは太陽の周りをまわる3つのスペースコロニーをデザインしました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/