NASAのアルテミス計画人類を再び月面に送る

アメリカ航空宇宙局(NASA)は2024年までに再び月面に人類を送る「アルテミス計画」を構想しています。このアルテミス計画ではいかにして月面を目指すのかについて
解説します。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

NASAが1970年代に描いた巨大スペースコロニー

1958年にNASAが設立されてから約20年後、宇宙における「ポスト地球」コミュニティーの姿をすでに描 いていました。1970年代、プリンストン大学、NASAエイムズ研究センター、スタンフォード大学の物理学者たちは、地球を離れた人類のための巨大なスペースコロニーの予想図をえがきました。彼らは、地球が破壊され、人類が宇宙に移住するという最悪のシナリオを想定しました。学者たちは人類は2060年までに最初のスペースコロニーに移住することができると考えました。彼らは太陽の周りをまわる3つのスペースコロニーをデザインしました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/