江戸時代に防災マニュアルは存在した

現在では目にする事も多くなった防災マニュアル。古くは江戸時代から存在して居た事は
あまり知られていません。災害の中でも、今回は安政の大地震について取り上げてみたい
と思います。既にその当時、有事用に整えられたマニュアルが存在したらしく、実際震災が
あった当日から各要所ごとで動いたと言う記録があります。
賞賛すべきは決断力です。当日中に対策方針が決まり、翌日には市民に公表されています。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

外国人から見た江戸時代に学ぶエコライフ

1600年から1850ねん頃までの日本の江戸時代について、勉強した外国人が次のような、見解をだしています。東京の面積のおよそ8割が木陰に覆われて、住人は川や海辺で自由に魚や貝や海草を取って食べる?突拍子もない夢物語にしか聞こえないかもしれません。
“外国人から見た江戸時代に学ぶエコライフ” の続きを読む