気候変動による亡命申請は「正当」

下記の表題をクリックしますと記事が表示されます

気候変動による亡命申請は「正当」

気候変動の深刻な打撃を受けている国々からの難民を強制送還する各国政府は、

人権義務違反に相当する可能性があると国連(UN)の専門家委員会が20日、指摘ししました。

たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

温暖化、穀物価格最大23%上昇

下記のpボタンをクリックすると記事が音声で再生されます

国連の気候変動に関する政府間パネル、IPCCは2019年8月8日

干ばつなどの増加で2050年に穀物価格が最大23%上がる恐れがあり

食料不足や飢餓のリスクが高まると警告した特別報告書を公表しました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/


インドネシア海岸の浸食が深刻化、気候変動や経済活動

下記のボタンをクリックすると記事が音声で再生されます

インドネシアで、気候変動や経済活動に伴う海岸の浸食が深刻化しています。

海洋水産省の調査では、過去15年間で、首都ジャカルタの面積とほぼ同じ2万9,261ヘクタールの沿岸部が消失したことが明らかになっています。
2019年7月8日付ジャカルタ・ポストが伝えました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

熱帯雨林破壊と気候変動の同時発生、野生生物が絶滅の危機

下記のボタンをクリックすると記事が音声で再生されます

気候変動と急速に進む熱帯雨林破壊の同時発生で、野生生物が涼しい環境に移動することができなくなり絶滅の危険性が高まっているとの研究論文が2019年7月8日、発表されました。

中南米、アジア、アフリカの森林のうち、動植物が耐え難い気温上昇の影響から逃れて避難できる場所は全体の5分の2以下しかないといいます。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/