歴史の小路京都東山の散歩道ねねの道

ねねの道は高台寺の西側、東山の円山公園から清水寺方面へと抜ける全長約250メートルの美しい石畳の道です。豊臣秀吉の正室ねね(北政所)がこの地で余生を送っていたことから「ねねの道」と名付けられました。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

 

 

信長の経済力は三つのキーワード 後編

織田信長は戦国時代相当の経済力を持っていたようです。信長はどうやってこの経済力を持つことができたのでしょうか?時は戦国時代。他の武将と同じことをやっていれば、同じ程度の経済力しか持ち得なかったはず。他の武将と信長では何が違っていたのでしょうか?
“信長の経済力は三つのキーワード 後編” の続きを読む

江戸時代の虐待…せっかん死の親は打ち首

江戸時代には子供を虐待により、

せっかん死させた親にはうち首の事例があります。

児童虐待はいつの世にもあったのです。

「かつては乳幼児死亡率も高く、『7歳までは神のうち』

といわれて子供の死にあきらめの感情を持っていました。さらに、経済的な事情から堕胎したり、産んでも間引きをしなければならない状況もありました」、

“江戸時代の虐待…せっかん死の親は打ち首” の続きを読む